お問い合わせ

当院について

Profile

基本理念・院長ご挨拶

基本理念

外観

病院理念

高度な医療で愛し愛される病院
患者様を自分の家族と思う医療

理念の実行方法

  • 地域住民、地域医療機関と密着した医療
  • 連携組織による24時間救急体制の実施
  • 何人も平等に医療を受けられる病院
  • 医療人としての自覚と技術向上のための教育
  • 最新医療機器の導入による高度な医療

院長ご挨拶

朝霞台駅そばで40年。朝霞地域医療の一端を担ってきた"朝霞台中央綜合病院"が約0.8Km離れた地に"TMGあさか医療センター"と名称を変え移転しました。
病院の目的・目標は、行政機関、医師会等と連携して住民の健康を守り、地域完結医療を目指す事です。
移転に伴い、病床数は446床になりました。
県南西部人口の特徴、医療需要を考え、救急、生活習慣病、各種の悪性疾患(癌)、血管・循環器障害、脳障害、小児医療などを充実させます。
新病院は黒目川の水害に備え、5mの嵩上げをしています。建物は免震構造になっていますので、地震による倒壊の恐れは低いです。
270台収容駐車場を含め、災害時には避難場所として利用していただけると考えています。
これからも時の変化に対応した診療内容を大事に、地域医療に貢献して行く所存です。

今後とも、ご支援、ご指導のほど宜しくお願い致します。 TMGあさか医療センター
院 長  村田 順

村田順院長

院長 村田 順(むらた じゅん)経歴

昭和50年3月 東京医科大学卒業
昭和50年4月 東京女子医科大学第二外科入局
昭和57年3月 医学博士号 取得
昭和60年9月 朝霞台中央総合病院 入職
平成6年4月  院長就任

専門 消化器外科
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本救急医学会 専門医