病院にお越しの際はマスクをご着用下さい 
HOME » 外来診療のご案内 »  診療科案内  »  糖尿病・内分泌内科
外来診療のご案内

TMGあさか医療センター

〒351-0023
朝霞市溝沼1340-1

048-466-2055

048-466-2059

交通アクセス

夜間休日
救急診療のご案内

お問い合わせ

 

外来診療のご案内

診療科案内

>> 診療科案内のTOPへ戻る

糖尿病・内分泌内科


診療科概要
糖尿病治療の目的は、血糖コントロールを継続して合併症が発症進展しないようにすることです。

療養のプログラムとして、個人あるいは集団の栄養指導の他に、1~2週間の教育入院、糖尿病教室、インスリン自己注射・自己血糖測定の指導などを行っています。医師の他に管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士などの専門スタッフが関わってサポートします。

当科は、日本糖尿病学会認定教育施設Iです。
甲状腺、副腎、下垂体、副甲状腺といった内分泌疾患については、採血でのホルモン測定に加えて
CT、MRI、超音波やアイソトープといった画像診断、負荷試験の結果などで診断します。


取り扱い疾患
糖尿病、低血糖症、脂質異常症、高尿酸血症などの代謝疾患。

甲状腺、副腎、下垂体、副甲状腺などの内分泌疾患。



スタッフ紹介
医師名:中嶋 邦博(なかじま くにひろ)

医師名:田辺 節 (たなべ たかし)

医師名:張 宇 (ちょう う)




インスリンポンプ療法(CSII)

 

インスリンポンプ療法(CSII: Continuous Subcutaneous Insulin Infusion)は携帯型シリンジポンプを使い持続的にインスリンを投与する治療方法で、1型糖尿病患者さまに使用されます。当科では下記のインスリンポンプを取り扱っていますので、ご相談ください。

 

ミニメド640Gシステム (SAP療法無)

ミニメド640Gシステム (SAP療法有:スマートガード機能が使用できます。)

 

基礎レートパターン
超速効型インスリンを少しずつ短い間隔で注入する事により基礎インスリンの補充を行います。これを基礎レートと呼びあらかじめ自分でプログラムする事ができるため、124時間の基礎インスリン投与量を自由に変更する事ができます。例えば、夜間は少ない基礎インスリンとして、午前中は多めの基礎インスリンに設定することも可能です。

ボーラスパターン
ポンプ内に充填した超速効型インスリンを、食事に合わせてチューブを通して皮下へ注入します。すでに皮下にテフロン針が留置されているため、針を刺す必要はありません。ポンプのボタンを押すことで注入が開始されますので外出時のインスリン注入も手軽になります。ペン型では1単位刻みですがインスリンポンプでは0.1単位刻みでボーラスインスリン量を設定することができるため、よりきめ細かいインスリン投与ができます。


SAP
療法(Sensor augmented Insulin Pump Therapy)
インスリンポンプにパーソナルCGM機能(24時間持続血糖測定機能)を搭載したシステムです。CGMで測定されたセンサーグルコース値がリアルタイムでインスリンポンプのモニター画面に表示されるため、患者さまが、ご自身で血糖変動の傾向を随時確認する事ができます。またセンサーグルコース値が一定の範囲を超えて上昇または低下した場合に音やバイブでお知らせするアラート機能もあります。 
 

皮下間質液中のブドウ糖濃度を測定し、一日に3-4回の血糖測定による実測血糖値によって較正することで血糖値と近似した値を示します。





 
 



スマートガード機能
SAP療法でセンサーグルコース値が事前に設定した下限値に近づくと、基礎インスリン注入を自動的に停止して低血糖を回避します。センサーグルコース値が回復するとインスリンの注入を再開します。
▲ページトップへ