病院にお越しの際はマスクをご着用下さい 
HOME » 外来診療のご案内 »  担当医表・診療時間  »  歯科口腔外科  »  取り扱う疾患
外来診療のご案内

TMGあさか医療センター

〒351-0023
朝霞市溝沼1340-1

048-466-2055

048-466-2059

交通アクセス

夜間休日
救急診療のご案内

お問い合わせ

 

外来診療のご案内

担当医表・診療時間

>> 歯科口腔外科のTOPへ戻る

取り扱う疾患

 

腫瘍(良性腫瘍・悪性腫瘍)

顎口腔領域には、歯が原因で生じる歯原性腫瘍や歯が原因ではない非歯原性腫瘍が生じます。
良性腫瘍にはエナメル上皮腫、角化嚢胞性歯原性腫瘍、歯牙腫、線維腫、血管腫などがあり、悪性腫瘍は主に癌腫で、舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんが多くみられます。
治療法は手術による切除が基本となりますが、場合によっては経過観察することもあります。悪性腫瘍の場合は手術以外に抗がん剤による化学療法や放射線治療などがありますが、当院では放射線治療は行っておりませんので、必要に応じて高次医療機関にご紹介いたします。
 

線維腫血管腫舌癌歯肉癌
線維腫血管腫舌癌歯肉癌

のう胞

のう胞は、からだのなかにできた病的な袋状のものです。口腔にできるのう胞には顎の骨の中にできる顎骨のう胞、軟組織にできる軟組織のう胞があります。原因は歯からできるものを歯原性のう胞、それ以外を非歯原性のう胞と言います。
治療法は手術による摘出や、摘出せずに開放する開窓療法、開窓を何度か繰り返す反復療法などがあります。

 

歯根のう胞鼻口蓋管のう胞粘液のう胞ガマ種
歯根のう胞

鼻口蓋管のう胞

粘液のう胞ガマ種

歯性感染症

歯性感染症とは、歯の疾患(虫歯や歯周病)が原因で感染を起こし、炎症が周囲組織に波及した疾患です。症状は発赤、発熱、腫脹、疼痛を伴うことが多く、重症化すると、敗血症(感染して発症した全身性炎症性症候群)になり死に至ることもあります。最近ではビスホスホネート製剤ら抗ランクル抗体などによる副作用で生じる顎骨壊死なども問題となっています。
治療法は基本的に切開して膿をだすことと抗菌薬の投与を行います。重症な場合は呼吸器管理が必要なこともあります。骨髄炎に対しては高気圧酸素療法も適応となり、当院でも治療を行っています。

 

歯性感染症歯性感染症歯性感染症歯性感染症歯性感染症


顎顔面外傷

顎顔面領域は交通事故、転倒、暴力、スポーツなど様々な要因で外傷が生じます。その内容としては軟組織損傷や顎の骨の骨折、歯の損傷があります。顎顔面領域の外傷は審美的な問題だけでなく、咀嚼など機能障害も生じます。

  • 顎骨骨折:顎顔面骨折に対しては、骨折部をもとに戻し固定する必要があります。戻す方法は手術で戻し金属プレートなどで固定する観血的整復固定術、手術はせずに顎間固定を行う非観血的整復固定術があります。
  • 軟組織損傷:きれいに洗浄後縫合処置を行います。約1週間後に抜糸が必要です。
  • 歯の損傷:脱臼の場合は整復し、隣り合う歯と固定を行います。破折している場合は、抜歯が必要となることがあります。

顎顔面外傷



埋伏歯の抜歯

通常成人の歯は、親知らずも含めて、上顎16本下顎16本の合計32本あります。しかし、日本人は顎が小さく、歯がまっすぐ生えない方が多くいます。特に、親知らずは横に倒れていることがあり、このような抜歯には、通常の抜歯よりも高度な技術と経験が必要となります。

埋伏歯の抜歯



顎関節症

顎関節症とは、あごの関節や咀嚼筋(あごの周りの筋肉)の痛み、開口障害(口が開きにくい、開かない)、関節雑音(あごの関節の音がする)などの症状を主とする慢性疾患の診断名です。
治療法は原因の除去が基本となりますが、生活習慣の改善やマウスピースの装着、筋のマッサージや開口訓練等のリハビリを継続的に行うこともあります。

 

摂食嚥下障害

摂食嚥下機能は食べ物や飲み物を口から取り込み飲み込む機能です。摂食嚥下機能は、食べ物や飲み物を認識する先行期から始まり、飲み込んで食道を通過するまでの一連の流れを言います。
摂食嚥下障害は摂食嚥下機能のいずれかで生じた障害を言います。摂食嚥下障害が生じると、嚥下性肺炎や低栄養などの様々な影響が出てしまいます。
まずは障害の評価が必要です。評価には簡易的なスクリーニングテストのほか、嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査などがあります。当院では歯科医師、摂食嚥下障害看護認定看護師、言語聴覚士、管理栄養士などによる摂食嚥下サポートチームがあり、入院患者をはじめ、嚥下外来に来院する外来患者さんの評価・治療を行っています。

▲ページトップへ