お問い合わせ

診療科のご案内

Departments

在宅診療部

在宅医療とは

高齢、疾病、障害などで通院困難な方や、入院での積極的治療が困難または望まれないことで在宅療養を希望する方に対し、医療者側が居宅を訪問し診療を行います。住み慣れたところで、自分らしく、安心して過ごしていけるよう支援します。

病院では通常、疾患・臓器ごとに各診療科がそれぞれ「治す」ことを主たる目的に診療しています。一方、在宅医療では、患者様の心身・生活状況なども含めた全体像を診ることで、患者様本人が望む過ごし方が継続できるように「悪くしない」ことを主な目的として診療します。

主たる疾患に対しては、これまでどおり専門科による定期的通院・治療を継続しつつ、在宅医師が日々の健康管理を行うことで、かかりつけ機能を担うことも可能です。

在宅医療で行うこと

●訪問診療

定期的に療養先に伺い、通常の外来診療と同様、診察・処置・処方等を行います。
病状、生活状況の変化に合わせて、介護サービス等を検討します。

●具合が悪くなった際の対応

患者様の状態、時間帯によって、以下の対応が考えられます。
①電話再診(電話での医療的判断・指示を行います)
②往診(定期的な訪問診療とは別に、臨時で診療に伺います)
③緊急入院の手配
④救急搬送の指示

在宅で可能な具体的な検査・処置

  • 血液検査
  • (簡易エコー検査)
  • 傷や床ずれの処置
  • 点滴、注射
  • 高カロリー輸液の管理
  • 胃瘻や尿道カテーテルなどの留置チューブ、カテーテルの交換、管理
  • 排液のためのドレーン、チューブの管理
  • 在宅酸素療法
  • 人工呼吸器管理
  • 疼痛コントロールを含めた緩和的医療
  • 予防接種
  • 介護保険申請などの各種診断書発行
  • お看取り

在宅医療のメリット

  • 外来通院に伴う移動、待ち時間の負担がない。
  • 入院時のような、生活上の規則、時間的な制限がない。

在宅医療を行う際のデメリット

  • 在宅でできる検査、処置は、病院よりは限られてしまう。
  • 入院時のように、常に医療者がそばにいて状態を看られるわけではない。
  • 在宅医師は、それぞれの疾患、障害を特別に専門としているわけではない。
  • 医療者が、定期的に居宅へお邪魔することとなる。

当院ならではの特徴

  • 総合病院である当院には、様々な専門分野を持つ医師がいます。必要時は各科医師への相談、診察の手配も可能です。
  • 在宅ではできない精密検査が必要、または希望される際も、当院で対応可能です。(来院、検査によっては入院が必要となります)
  • 入院加療が必要な際も、当院を利用頂くことが可能です。入院の原因となる疾患によって、担当科へ依頼します。
  • 夜間、日曜日、祝日でも、4科(内科、外科、脳外科、小児科)体制の当直医がおり、緊急時なども、当院で救急対応することが可能です。

担当医師紹介

浅井 彰久(アサイ アキヒサ)在宅医療部部長

医師名 :浅井 彰久(アサイ アキヒサ)在宅医療部部長
出身大学:浜松医科大学

多田 祐輔(タダ ユウスケ)肛門外科部長

医師名 :多田 祐輔(タダ ユウスケ)肛門外科部長
出身大学:筑波大学医学専門学群
資格等 :日本外科学会専門医 日本大腸肛門病学会専門医