整形外科

ベッドタウンの整形外科

小児から高齢者までの多彩な年代層と社会背景

骨関節疾患が主な対象

手術前や翌日からの早期介入、外来リハビリテーションや訪問リハビリテーションでの継続介入

他部門連携

医師・看護師・ソーシャルワーカーなどを含めた他職種による、毎週のカンファレンスの定期運営

東京圏ベッドタウンである朝霞市と周辺地域を象徴するように、さまざまな年代層や社会背景のある患者様に対応しております。
骨折・靭帯損傷・変形性関節症などの骨関節疾患を主に、術後翌日より速やかな機能改善と生活動作の獲得を目指します。
退院後の外来リハビリテーションについても、医師との連携の下に安静度や安全面を最大限配慮しながら、より受傷前に近い形での生活を患者様と目指します。
入院・外来患者様を問わず、カンファレンスも定期的に開催し連絡を取り合うことで質の向上に取り組んでおります。