がん

がんのリハビリテーション

 

在宅復帰 ⇒ 術後や化学療法後早期に在宅復帰を目指す

緩和 ⇒ 疼痛の緩和・精神的な支え

QOLの向上 ⇒ より良い生活を支援

 

 主に麻酔科や外科から依頼を受け、患者様の状態に合わせ、早期在宅復帰や緩和医療を提供していきます。早期在宅復帰を目指し、介護保険の調整や、疼痛コントロールを他職種と行い、終末期の患者様のニーズに応えられるように支援していきます。また在宅復帰が困難な方も、終末期の緩和ケアを行うことで少しでも安楽な生活が行えるよう生活動作の提案や支援を行っていきます。