周術期センター構想

 平成29年度に新築移転する予定があり、移転後は周術期外来を設置、より密度の高い他職種連携が行える体制となります。

 リハビリテーション科もセンターに職員を常駐させ、入院から退院までの流れの中で安心して手術に望めるよう取り組んでまいります。