HOME » 当院について »  沿革
当院について

TMGあさか医療センター

〒351-0023
朝霞市溝沼1340-1

048-466-2055

048-466-2059

交通アクセス

夜間休日
救急診療のご案内

お問い合わせ

当院について

沿革

昭和52年 4月 敷地面積 1128.13㎡ 建築面積 2234.88㎡
鉄筋コンクリート3階建 病床数 122床
診療科目:内科・外科・小児科・整形外科・皮膚科・泌尿器科にて開設
  5月 保険取扱医療機関の指定を受ける
  5月 結核予防法第36条第1項の規定による医療機関の指定を受ける
  5月 生活保護法の規定による医療機関の指定を受ける
  10月 基準給食・基準寝具設備の承認を受ける
  12月 救急病院の指定を受ける
昭和53年 4月 耳鼻咽喉科併設
  4月 理学療法室併設
  7月 胃腸科・肛門科併設
昭和54年 2月 朝霞台診療所開設 一般病室4室 19床
敷地面積 580.25㎡ 鉄筋コンクリート3階建
  3月 人工透析診療開始 (4人用装置設備)
  4月 診療所が生活保護法の規定による医療機関の指定を受ける
  11月 診療所が結核予防法第36条第1項の規定に基づく指定医療機関となる
  11月 医療法人定款に伴い、医療法人社団武蔵野会となる
  11月 朝霞台診療所を廃止、渡り廊下つなぎ、朝霞第台中央病院に組み入れ増築とする
敷地面積 1738.08㎡ 延面積 3397.091㎡ 病床数 172床
昭和55年 9月 眼科併設
昭和56年 11月 新館増築による病床数変更 6病棟開設にて236床となる
昭和57年 2月 5病棟開設にて268床となる
延面積 3832.96㎡ 建築面積 1983.66㎡
  4月 全身用CTスキャナー導入
  10月 人間ドック (通院)開始
昭和58年 8月 透析室拡張により、262床となる
昭和59年 8月 労働者災害保険適用の医療機関の指定を受ける
昭和60年 4月 喫茶室を廃止し、理学療法運動療法室に変更
昭和61年 4月 18時配膳の実施
昭和61年 9月 回復室設備の為、265床となる
(605号室と606号室の改修工事をし、505号室となる)
昭和61年 12月 島津オーバーチューブX線テレビ装置の入れ替え及び血管連続撮影装置設備の為レントゲン室を改修
昭和62年 6月 5病棟重症室設備の為、268床となる
(505号室と506号室の改修工事をし、505号室となる)
昭和62年 8月 透析室患者更衣室、小児科プレイルーム、2病棟処置室及び505号室・605号室に器材設置の為、6床から4床へ、515号室2人部屋に変更等の為268床から256床となる
  11月 基準看護特一類の承認を受ける
昭和63年 3月 総合病院の名称の使用許可おりる
  4月 産婦人科併設
平成元年 5月 コンピューター医事システム導入
平成3年 11月 女子寮完成(25室)
平成4年 4月 医学管理料 105/100 の申請を受理される
  6月 基準看護特二類、理学療法(Ⅲ)、管理給食の承認を受ける
  9月 D棟増築工事着工
平成5年 4月 D棟落成
  4月 附属健診センター設立
  5月 人工透析を8床に増床する
  7月 理学療法(Ⅱ)の承認を受ける
  8月 基準看護特三類(152床)の承認を受ける
  10月 MRI設置
平成6年 8月 基準看護特三類(全床)の承認を受ける
  10月 2.5 対 1看護(A)10 対 1看護補助の申請を受理される
平成7年 4月 夜間勤務看護加算(Ⅱ)の申請を受理される
  4月 政府管掌健康保険・成人病予防健診実施機関の承認を受ける
平成8年 11月 朝霞台中央総合病院附属第二診療所設立
平成9年 4月 手術室3室に増室
  8月 ICU 9床新設
  9月 朝霞台中央訪問看護ステーション設立
平成10年 3月 第二人工透析室 6床に増床する
  9月 無菌製剤処理の申請を受理される
  9月 薬剤管理指導の申請を受理される
  9月 麻酔管理料の申請を受理される
平成11年 5月 2 対 1 新看護(A)、15 対 1看護補助の申請を受理される
平成12年 6月 埼玉県地域保健医療計画に定められている医療供給体制の整備(増床計画)に伴い、70床の増床許可を受ける。
平成14年 3月 新A棟増築工事着工
  6月 開放型病院の申請を受理される。
平成15年 4月 新A棟落成(地上3階地下1階)
旧棟改修工事に伴い、棟名称変更
平成15年 9月 B棟1階、C棟1階・2階・3階部分改修工事を行い使用許可を受ける。
平成15年 11月 B棟2階・3階部分改修工事を行い使用許可を受ける。
平成16年 1月 病棟改修工事終了に伴い326床となる。(2A病棟を一時閉鎖し、280床稼動)
  5月 全病棟オープンし326床稼動。
平成17年 3月 標榜科の変更(形成外科追加)
平成18年 8月 標榜科の変更(麻酔科追加)
平成19年 11月 日本医療機能評価機構の認定を受ける。審査体制区分3(Ver5.0)
平成20年 1月 医事コンピューター入替
  9月 オーダリングシステム稼働
平成21年 4月 DPC(疾患別包括払い制度)導入
  4月 理事長 中村 毅に変更となる
平成22年 7月 7:1看護基準の申請を受理される
平成23年 3月 朝霞台中央総合病院附属第二診療所事務所を移転し、
男女更衣室を設置
平成23年 4月 TMG健康保険組合が設立され協会けんぽより移行
平成24年  4月 埼玉県がん診療指定病院の指定を受ける。 
  4月 脳卒中ケアユニットの申請を受理される。 
   5月 標榜科の変更(呼吸器内科・循環器内科・消火器内科・腎臓内科・呼吸器外科・消火器外科・小児外科・肛門外科・リハビリテーション科追加)
   10月 日本医療機能評価機構の認定(更新)を受ける。
審査体制区分3(Ver.6.0) 
平成25年  4月 朝霞台中央総合病院附属第二診療所名称変更。
新名称:朝霞台中央総合病院附属ドック健診センター 
   8月 埼玉県地域保健医療計画に定められている医療供給体制の整備(増床計画)に伴い120床の増床許可を受ける。 
   9月 女子寮完成(10室) 
   12月 女子寮完成(12室) 
平成26年  8月 外科手術2万症例達成 
   12月 標榜科の変更(放射線科追加) 
平成27年  4月 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準により実施施設認定を受ける。 
   6月 朝霞市と『災害時における緊急入院に関する協定』を締結する。 
   6月 日本オンコプラスティックサージャリー学会 下記施設認定を受ける。
→乳房再建用エキスパンダー実施施設→乳房再建用インプラント実施施設 
平成28年  1月 新築移転工事着工 
平成29年  1月 日本消化器外科学会 専門医修練施設の認定を受ける。 
▲ページトップへ