教育について

教育方針
根拠に基づく自律した思考であらゆる揚面に対応でき、
責任ある行動が取れる職員を育成し看護の質向上を目指す
教育目標
  • 専門職業人として臨床で実践するのに必要な、知識・技術・態度を修得し、責任ある行動が取れる看護師を育成する。
  • 看護の質向上を図るためそれぞれのレベル(クリニカルラダー)に合わせた研修を企画し自ら教育環境を活かし自己成長できる看護師を育成する。
  • 看護の質向上を目指した研究的視点を持ち、看護の現象を探求し感性豊かな人材を育成する。

教育体制

1年目
新人研修は皆、笑顔で楽しく元気あふれる研修です。
4月は特に研修が多いかと思いますが、詰め込み式ではなく、数日間の研修の後、ローテーション研修として各部署を回り基礎看護技術を身に着けています。
研修で学び、病棟で実践するというやり方で、着実に確実にゆっくり進んでいます。
ラダーレベルⅠ終了時には、皆大きく成長できています。

私の交換ノート

このノートは、先輩との交換ノートやチェックリストが入っています。その日の出来事、先輩からの助言、調べてきたものなどが詰まっています。1年後には素敵な成長の記録になるでしょう。

プリセプティ
整形外科病棟

清水 愛子

遅くまで点滴の練習に付き合ってくれたり、緊急入院を取る際、一緒に看護計画の立案や薬の確認をしてくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

プリセプター
整形外科病棟

田中 恵美

プリセプターになって、なんだかプリセプティと一緒に成長した気がします。今では私がいなくても、一人でできることも増え、うれしい反面、少し寂しさも感じています(笑)。

2年目
専門職として大事なことは、豊かな知識、確かな技術、謙虚な態度です。
確かな根拠のもと、安全安心と満足をしていただける最良の看護が提供できる看護師に育っていけるよう教育環境を整えています。

クリニカルラダー

外来

生田 康子

救急・災害看護に興味をもち勉強を重ねています。国際協力機構(JICA)や国際緊急救助隊(JDR)にも登録しています。助けを求める人のために救急・災害看護の分野でキャリアアップして、いつでも支援できるよう頑張ってます。

感染管理者

渡辺 真由子

平成25年度東京医療保健大学大学院にて6ヶ月間の感染制御実践看護を学んできました。現在は専従の感染管理者として院内の感染制御に努めています。

がん化学療法認定看護師

目黒 由夏

平成26年度がん化学療法認定看護師取得
がん化学療法室にて日々患者様と関わっています。また、緩和ケアチームの一員としても痛みだけではない、患者様の状況に応じた看護が提供できるよう努めています。