脳神経外科疾患について

脳卒中・てんかんにかかわる専門的かつ濃厚な治療に加え、当院では脳神経外科疾患に対する各種外科治療を行っております。

脳腫瘍

脳腫瘍(グリオーマ)は、日本一の症例の経験のある東京女子医大脳神経外科と連携し、機能を温存するための術中ナビゲーション・術中モニタリングを地区唯一導入し、また術中蛍光療法や術中カルムスチン治療を行い摘出率の向上、生存期間の延長を図ります。そのほか、髄膜腫や転移性脳腫瘍など県南西部地区一手術を行っております。

顔面けいれん・三叉神経痛

顔面けいれんおよび三叉神経痛(顔面の痛み)は、機能的疾患と呼ばれております。それらの症状がある場合には、顔面のけいれんや痛みで生活の質を落としてしまいます。当院では、術中モニタリングを行いながら久保田部長の豊富な症例のもと微小血管減圧術により高い症状の回復が得られております。

脳卒中後痙縮

脳卒中後のつっぱりは、大変つらいものです。当院ではまず、薬物治療を行い、その後症状の改善が見られない場合には、ボトックス治療を行っております。ボトックスは、痙縮のみられる筋肉に注射を行い、つっぱりを治す治療です。その効果は数か月と言われておりますが、それでも症状が強い場合には、ITBといい、硬膜下カテーテルを留置し、バクロフェンという薬剤を持続注入し痙縮を和らげる治療も行っています。

脳神経外科