HOME » 医療機関の方へ »  開放型病院登録医について
医療機関の方へ

TMGあさか医療センター

〒351-0023
朝霞市溝沼1340-1

048-466-2055

048-466-2059

交通アクセス

夜間休日
救急診療のご案内

お問い合わせ

医療機関の方へ

開放型病院登録医について

TMGあさか医療センターでは開放型病院を導入しております。
開放型病院とは、地域の先生方に病院の施設・設備を開放した病院のことをいいます。開放型病院の利用は、地域の医療機関が連携を深めることで、医療機関単独の自己完結型の医療から医療機関相互の連携による地域完結型への診療が可能になります。
かかりつけ医の先生方からの紹介を受けた患者様にとっても、かかりつけの先生方と開放型病院の登録医師が協力して入院から退院までの一貫した診療を行なうことで、今まで以上に継続的な安心できる医療を受けることが可能になります。また、医療機関同士が連携をはかることにより、検査の重複がなくなり経済的負担も少なくなります。
当院では地域医療機関との医療連携の強化と効率的な運用を図るため、開放型病院専用病床を5床用意しております。また、共同診療の実施及び諸検査の受入を積極的に行なっております。これにより、今まで一方通行になっていた医療を双方向の医療とし、紹介元と当院の連携が生み出すメリットを最大限に生かすことができると考えております。

TMGあさか医療センター開放型病院運営規定

TMGあさか医療センターの施設は、地域の医師に等しく開かれたものとして、病院はその診療上の利用に便宜を図ることを義務とし、地域における診療所医師と病院との連携の円滑化、地域医療の一層の充実を期するものとする。

登録医師
  1. 地域の診療所医師は登録によりTMGあさか医療センター(以下病院)登録医となることができる。
  2. 登録医は自分が紹介入院せしめた患者を、病院において診療し、カルテおよび検査データを参照し、所見および治療上の意見をカルテに記入する権限を有する。
  3. 登録医は、来院時に所定の名札、白衣を着用する。
  4. 登録医は、スタッフステーションにおいて、紹介患者を診察した旨を所定の用紙に記入する。
病院
  1. 病院は、開放型病院専用病床を5床設ける。(開放型病床は5A病棟502号室・503号室 5B病棟522号室、5C病棟542号室、6A病棟602号室の各部屋1床 計5床とする。)
  2. 病院は、開放型病院であることを患者に公示し、趣旨説明および登録医師の掲示を行なう。
  3. 病院は、紹介入院患者の医療責任を有する。登録医が病院において紹介患者に対し手術等の治療および検査を行なう場合、その責任範囲等については病院と個別に取り決める。
  4. 病院は、開放型の運用の担当者を置く。

ご登録医・開放型病院についての詳しいご説明をご希望の場合、またはご不明な点等ございましたら下記担当者までご連絡ください。

申請用紙のダウンロードはこちらからお願い致します。
開放型病院登録医申請書

担当者:地域連携課 桑原

▲ページトップへ